最近のトラックバック

無料ブログはココログ

音楽

2013年5月25日 (土)

ばらの花

毎年春と秋に必ず訪れている、金沢南総合運動公園のバラ園に行ってきました✿

いつもは旦那と息子と来ていましたが、今回は一人でゆっくり観賞~♪

全体的にまだ咲き始めでしたが、存分に堪能できました♡

Dsc00320c
Dsc00322c
Dsc00326c
お次はアップで✿

Dsc00305c これぞバラという感じ♪

Dsc00301c
Dsc00327c
Dsc00315c ブラックティーという品種。渋い色

Dsc00306c 私はこの淡いピンクが一番好きかも♡

Dsc00303c 水滴がついているのは、どなたかが霧吹き持参で撮影に来られていたので。

Dsc00319c 甘い香りに癒されました

でもこうやって見てみるとどれも似たような構図で・・・反省

また満開の頃行きたいな。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

バラの記事を書いたので、私の大好きな曲、くるりの「ばらの花」をご紹介。

切ないメロディーと歌詞が、当時片思いをしてた自分の心情にハマりすぎで、部屋で何度も何度もリピート(*´Д`*)


♪歌詞♪
雨降りの朝で今日も会えないや
何となく でも少しほっとして
飲み干したジンジャーエール 気が抜けて

(中略)

僕らお互い弱虫すぎて
踏み込めないまま朝を迎える


懐かしいなあ・・・。

まさに私の青春の曲です

お時間のある方、youtubeをどうぞ♪

2012年8月10日 (金)

アマイカゲ

今日も夕食後に散歩

公園にて。

P8101362c
この柵の影だけが紫。。。ちょっと不思議な光景でした。

この影を見ていたら、脳裏にある曲が。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

EGO-WRAPPIN'(エゴラッピン)「アマイカゲ」

EGO-WRAPPIN'は、ソウル、ジャズ、ボサノバ、昭和歌謡等あらゆるジャンルの音楽が融合した、独自の音楽世界を築いています。

「くちばしにチェリー」が流行った時がありましたね♪

この「アマイカゲ」はインディーズ時代の名曲。私がエゴラッピンで一番好きな曲です

たそがれたい方は、ぜひどうぞ



明日から帰省しますので、しばらくお休みしますzzz o(_ _)oペコッ

2012年7月 6日 (金)

雨降りの一日

P7060998c
P7060999c
P7061004c
朝から今にいたるまで降り続いている雨。

降ったりやんだりってのはよくあるけど、一日中ってのは珍しいなあ。

こんな日は読書や映画鑑賞、音楽鑑賞もいいですね

ということで、今回は、私の大好きな曲をユーチューブから^^

くるりの「奇跡」です。始めて聴いたときは涙が止まらなかった・・・(p´□`q)゜o。。

ありふれた毎日こそが奇跡なんだと思いおこさせてくれる、素敵な曲です。


この曲、チオビタドリンクのCMでもおなじみですね。
平山広行さんも好きな役者さんだけど、菅野美穂がカワイ~! 同い年の星 話が逸れた

是枝裕和監督の同名の映画「奇跡」も見たいけど、この間WOWOWでやってたのに撮り忘れたよ~(;ω;)
まえだまえだがとってもいい演技してるらしい

くるりは他にも名曲がたくさん!またご紹介します♪♪

2012年2月24日 (金)

エレカシ@下北沢SHELTER(2000,11,14)

2000年11月14日(木)下北沢SHELTERにて行われたエレカシのライブレポ。
というか、こちらもライブ後のドタバタがメインです

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

チケットは、夜中のスペースシャワー番組内で数時間のみTELでエントリーし、その後抽選という仕組み。
 
ライブハウスでもかなり狭いシェルターでの、280人限定ライブ!絶対行きたい!!
と、めらめら闘志を燃やしながら10回エントリーしたところで睡魔に襲われ、あっけなく撃沈。
半ばあきらめていたところ、1枚当選してた!今年もついてる!!(友人は落選)

社会人になって初の有給休暇を使い、浮き足立ちながら、一人で東京へ。

ところが・・・ライブは19時から開演のはずが、19時になっても会場に入れず、終電が・・・と始まる前から不安がよぎる。
(最終ののぞみは東京22:00発)

LIVE

結局19:30過ぎに何とか始まった。

席は前回のシェルターと同様、成ちゃん側の3・4列目。

でも「soul rescue」で楽しくてはじけてしまい、徐々に右へ前へ移動していた。
けっこう見やすい!

2曲目の「明日に向かって走れ」から、宮本さんは片手をずっと流血していて、血まみれでギターを弾いていた。ひえー。
途中で最前の子にティッシュをもらってふいていた。

激烈モードで行くのかと思いきや、けっこうしっとりめが多くて、新曲もエレカシっぽいバラード。

『生活』から「月の夜」「晩秋の一夜」がーーーー!!!
うう、なんつー美しいメロディー。帰って聞き直そうと思った。

お客さんは静かに熱い。
待ってました!!とばかりに、宮本さんにレスポンスを返す。

今回のみやもトーク。

「大変なんだよー。日本ばかりじゃないと思うけどさあ・・・」

客「何が??!」←皆つっこみが早い(笑)

「いや生きてくってことが」


といきなりの哲(学)バナから

「火鉢を石くんにいっぱいあげちゃったんで、石くんの家に行くと昔の俺んちみたいになってる」

と和ませる緩急の差。

笑ったのが、「今宵の月のように」で、

「アコギでやったらどうなるかな」


とつぶやいて、アコギで最初のサビまで歌った後、トミのドラムが入らなくて中断した時。

いつもだとここはキレどころ(笑)だけど、あっさりエレキに持ち替えて

「トミーーー!一緒にやろうぜーー!!」

って。おもしろかった。

この日他にやった曲は・・・good-bye-mama/明日に向かって走れ/悲しみの果て/風に吹かれて/珍奇男/真夏の星空は少しブルー/so many people/はじまりは今/武蔵野/sweet memory

・・・けっこう曲数やってるよなあと思って、アンコール待ちの時に時計を見たら・・・9時過ぎてる。

ぎえーーー!!!

心臓がどくどく脈打ち始める・・・。

行きは、東京駅~下北沢まで1時間かかった。
ってことはもう出なければやばいわけ。

でも、まだガスト~もコール~もやってないのに帰れない・・・ああ、どうしようと思ってたら、けっこう早く宮本さん達が出てきたので、よし、もう最後まで見よう、と覚悟を決める。

そして期待通りのガスト(ロンジャー)コール(アンドレスポンス)
お客さんは絶叫。
私も半ば不安をかき消すように叫び、終わったと同時に、下北沢駅まで猛ダッシュ!!!

そこにほんとに運良く新宿行きの急行が来て乗れたけど、新宿着いたのが21時35分で、
山手線だと新宿~東京は所要時間29分。
間に合わない!!

そこで、今度はタクシー乗り場に走り

「東京駅まで21時50分くらいまでに行って下さい!22時ののぞみに乗りたいんです!」
と半泣きで運転手さんに訴えたら

「約束はできないねえ。」
と無情の返事。

それでも道がすいていて、どうにか50分過ぎに東京駅に着き、

「お釣りはいりません!」

と3000円を置き捨て、改札に向かって激走

「新幹線乗り場どこですか?!」
と新幹線乗り場の改札の目の前で大声でまくしたてる私に

「ここです。」
と冷静な対応の駅員さん。

「ひかりの自由しか持ってないので、のぞみの指定席券下さい!」


「のぞみとひかりは別物だから、それはできないんですよ。」

「・・・じゃあどうしたらいいんですか~?」
←逆切れ・・・

結局のぞみを新規で買い、出発1分前に駆け込みセーフだった。


・・・日帰りはやっぱりキツイ。よく間に合ったと思う。ていうか私恥ずかしい・・・。

翌日はライブの筋肉痛(ていうか、ライブ後の疾走が原因)がすごかった。
でもまあシェルターに行けたし、幸せな痛みだと思っておこう・・・。


※後で知ったのですが、新宿~東京だったら中央線快速も走っていて、所要時間14分なので、あそこまでせっぱつまらずとも間に合ったのかも・・・。
最短の交通手段くらい事前に調べておこうね。

青春の思い出~エレカシ編~

スピッツのライブの足跡を書いたので、こちらも書かせてください

スピッツ以上にハマっていたのがエレカシで、1999~2001年がピーク。

特に1999年は、文学部大学4年生の利(ありあまる自由)を最大限に活用させてもらいました

下記、私が行ったライブです。
とりあえずレポ1つ書きましたが、そのうちちょこちょこ増やしたいと思います。

1996年8月24日(土) an Summer GIGS'96 NEW KIDS ON THE ROCKS(名商大ラグビー場) 36列97番

1997年5月3日(土) 愛知勤労会館 2F39列9番

1997年10月7日(火) 名古屋市民会館・大ホール 1F5列24番

1998年12月20日(日) 名古屋センチュリーホール 1F14列18番

1999年6月19日(土) Zepp Tokyo 1F立見A1631番

1999年6月20日(日) Zepp Tokyo 1F立見A927番

1999年6月26日(土) Zepp Osaka 1F6 088番

1999年6月27日(日) Zepp Osaka 1F5 063番

1999年7月4日(日) 日比谷野外大音楽堂 C6列27番

1999年8月24日(火) 名古屋クラブクアトロ 整理番号36番

1999年8月28日(土) セルラーサウンドマリーナ'99 SET STOCK(広島観音マリーナ特設会場) E-4ブロック

1999年8月31日(火) 仙台BEEBベースメントシアター 整理番号399番

1999年11月9日(火) 新宿リキッドルーム 整理番号15番

1999年11月23日(火) 下北沢SHELTER 整理番号278番

1999年12月20日(月) 名古屋センチュリーホール 1F15列36番

2000年1月4日(火) 日本武道館 アリーナT列11番

2000年3月30日(木) CLUB QUATTRO 整理番号893番

2000年5月29日(月) 名古屋クラブクアトロ 整理番号412番

2000年5月30日(火) 名古屋クラブクアトロ 整理番号68番

2000年6月10日(土) UMEDA HEAT BEAT 6組10番

2000年7月1日(土) 日比谷野外大音楽堂 C4列6番

2000年8月12日(土) ROCK IN JAPAN FESTIVAL..2000(国営ひたち海浜公園)

2000年11月14日(火) 下北沢SHELTER 整理番号204番

2000年12月14日(木) 名古屋センチュリーホール 1F7列15番

2001年1月4日(木) 日本武道館 2F南E列49番

2001年5月26日(土) Zepp Osaka 1F 6組075番

2001年11月10日(土) 名古屋クラブクアトロ 整理番号1番

2002年5月12日(日) 愛知県勤労会館 1F8列13番

2002年10月21日(月) 名古屋クラブクアトロ 整理番号137番

2003年10月11日(土) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号293番

2004年6月1日(火) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号140番

2004年11月25日(木) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号34番

2005年6月4日(土) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号371番

2006年6月16日(金) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号294番

2007年9月24日(月) 名古屋エレクトリック・レディ・ランド 整理番号562番

2008年4月12日(土) 名古屋クラブダイアモンドホール 整理番号845番

2011年4月14日(木) 金沢EIGHT HALL 整理番号352番

2012年2月21日 (火)

みちのく夕焼け兄弟旅日記

1997年8月24日(日)岩手県で行われた、スピッツの野外ライブ「みちのく夕焼け兄弟」のレポート。
なんと15年もたってるよ・・・当時19歳。若かったなあ。

ライブレポというより旅レポです

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ライブ前日の夜、始発の大垣駅から終点東京駅へ向かうべく、夜行快速列車「ムーンライトながら」に友人と乗り込む。

しかし、この車内が殺人的に寒い

夏だからと半袖1枚で身軽に来てしまった自分を呪いながら、友人のカーディガンに片腕だけ通させてもらい、凍える夜を過ごす

周りを見れば、上着や毛布を持参している人ばかり。
こんな小娘たちとは格が違うのだ。

寒さで死にかけた朝の5時頃、東京駅へ到着。

外へ出ると都会の生暖かい風に身を包まれ、ひとまず生き返る

ほぼ寝ていないので仮眠したかったのだが、その前に朝食にありつこうと周りを見渡す。
・・・が、時間も時間。
そんな気の利いたお店はもちろんなく、ファーストフード店やファミレスすら閉店。
途方にくれそうになったところ、原宿に吉野家があったことを奇跡的に思い出した私。

もっと近場に24時間営業のお店はいくらでもあっただろうけど、調べる気力はなし。

つぶれていませんように・・・と祈りながら山手線に乗り込み、原宿で吉野家のオレンジ色の看板を見た時には泣きそうだった。 朝定食を食べる。
苦労して来たかいがあり、格別においしい

吉野家でつっぷして寝るわけにもいかないので、どこか仮眠できるところはないか考えていると、またもやひらめいた
山手線だ!!
東北新幹線の乗車時刻が9:30頃だから、2周はできる!!

山手線に乗り込むやいなや、私達は爆睡した
心地よい電車の揺れに身をゆだねて。。。

はっと目覚めると2回とも品川駅で、ああ、2周したんだと分かり、その後何食わぬ顔で東京駅で降りる。
(その後もライブで早朝に東京へ来た時は、度々この方法で仮眠させてもらっていた。
当時ネットカフェやマン喫なんてメジャーじゃなかったのだ。)

その後東北新幹線でも爆睡zzz・・・。o○
起きて、ささかまの入った駅弁を食べ終わると、あっという間に盛岡に!!

シャトルバスで小岩井農場へ向かう途中、快晴だった空に薄雲がかかり、窓に雨粒があたり始める。
しーんとする車内。
その後大降りになったり、小降りになってやんだりを繰り返しながら、農場へ到着。

LIVE

雨がそぼ降る中、1曲目チェリーでコンサートが始まった。

冷たい雨を受け止めるだけの体に、マサムネさんの歌声が優しく染み渡った。

野外コンサートに雨はありえない、次第に夕焼けに染まる背景をバックにスピッツを聴きたい!
と思っていたけど、もう夕焼けに未練はなかった。雨のスピッツもオツだ!

するとそんな私の心を見透かしたように、雨はどんどんと雨足を強め、本降りになってきた。

雨のスピッツもいいけど・・・豪雨となると・・・正直曲を楽しむどころじゃなくなってきた。

マサムネさんがお客さんに何度も「大丈夫?」と聞いてくれる。

そして、ちょっとすごいことがあった。

雨がやむことを祈って歌います、と歌われたあじさい通り

♪雨 降り続くよ あじさい通りを カサささずに 上向いて 走ってく♪ から
♪だから この雨あがれ あの娘の頬を照らせ♪ のサビへ向かい、

本当に祈るような歌声が小岩井のひとところに響き渡る。

するとどうだろう。雨はみるみる小降りになり、2番の途中では完璧に雨は休息した。

顔を見合わせる観客同士。
空を仰ぎにこやかな表情のマサムネさん。

幸運な偶然だったといえばそれまで。
でもあの時あそこにいた誰もが、歌の力を信じたと思う。
ほんの一瞬、スピッツがみせてくれた魔法だった。

その後、雨はまた降り始め、びしょぬれで盛り上がる2万人の観衆。

雨をきっかけにスピッツと観客との距離感が縮まったようだ。

「小岩井の土になってしまいそうだ」

「生まれ変わってもこのライブのことは忘れないと思う」


など、マサムネ語録は冴え渡り、このライブへの大きな愛を感じた。

本当に本当に素晴らしいライブだった。



終演後、規制退場になるが、Aブロックの私達が会場から出れたのは1時間半後だった。

その間、体温は徐々に奪われ、ガタガタと震えが止まらなくなる。
髪の毛や服が体にはりつき、絞っても絞っても降り続く雨のせいで全く無意味。
本日2度目の瀕死状態だった。いや、本気で・・・。

ホテルの熱い湯船に命を救われ、1泊して名古屋へ帰宅。

何度も行ったスピッツライブの中でも、ひときわ強い光をはなつ夏の思い出です。

2012年2月17日 (金)

青春の思い出~スピッツ編~

おるたな聴いてると、無性に昔のことが懐かしくなる今日この頃。

私の青春時代はほぼ、映画、旅行、ライブ遠征という3本柱でした

今回はそのライブ遠征のスピッツ編です。

テレビで「スパイダー」を聴いた時の、真夜中の衝撃。
初めて野外イベントへ行った時の、2度目の衝撃。
その後、どどどとハマりました
楽しかったなあ
下記、ライブ(イベント含む)の足跡です

1996年8月24日(土) an Summer GIGS'96 NEW KIDS ON THE ROCKS(名商大ラグビー場) 36列97番

1996年11月15日(金) 岐阜市民会館 1F20列11番

1997年3月5日(水) 名古屋センチュリーホール 1F11列17番

1997年4月9日(水) 大阪厚生年金会館・大ホール 2F N列49番

1997年8月3日(日) つま恋夕焼け兄弟(つま恋多目的広場) A1列132番

1997年8月24日(日) みちのく夕焼け兄弟(小岩井農場特設会場) A-5ブロック

1998年6月23日(火) 名古屋センチュリーホール 1F30列5番

1998年6月24日(水) 名古屋センチュリーホール 1F1列29番

1998年7月13日(月) ロックロックこんにちは!!VR2.0(IMPホール) 整理番号151番

1998年11月1日(日) 名古屋市民会館・大ホール 1F21列49番

1998年11月3日(火) アクトシティ浜松・大ホール 4F3列28番

1999年5月3日(月) GO!GO!スカンジナビア(名古屋ボトムライン) 整理番号144番

1999年8月28日(土) セルラーサウンドマリーナ'99 SET STOCK(広島観音マリーナ特設会場) E-4ブロック

2000年8月27日(日) an Summer GIGS TREASURE MAP 052 FINAL(名商大ラグビー場) B10ブロック20列112番

2000年10月5日(木) 名古屋クラブダイアモンドホール 整理番号887番

2001年2月12日(月) 土岐市文化プラザ 1FE列42番

2001年9月28日(金) 名古屋センチュリーホール 1F16列44番

2001年11月15日(金) 岐阜市民会館 1F20列11番

2003年3月22日(土) 名古屋センチュリーホール 1F22列41番

2005年3月5日(土) 名古屋センチュリーホール 1F27列62番

2008年3月18日(火) 名古屋センチュリーホール 3F11列22番

1996~1998年(大学1~3年生の時)が、好きのピークでしたねえ。
最大の思い出は、ラジオのコーナーで、マサムネさん&田村さんと1分間お話ししたこと
録音したそのテープは、恥ずかしすぎて押入れの奥に封印中。

最近ライブ行ってないなあ・・・。
そのうち当時の日記をもとに、ライブレポや旅レポ増やしていきたいと思います。

2012年2月 4日 (土)

スピッツ「おるたな」購入♪

Pict4153スピッツの「おるたな」購入しました

今回もジャケットがかわいい

オリジナルアルバムではなく、カップリング8曲+カバー6曲という内容ですが、聴きごたえ十分です!!

まず1曲目、「リコリス」。
タイトルがまたかわいいっ 
って響きにときめいたものの、何のことやら分からなかったので、wikiで調べました;

グミの触感に似た真っ黒なお菓子、だそうな。
見た目も渦巻き状で愛らしいなあ。

スピッツの曲のタイトルは、食べ物シリーズだと他に「うめぼし」「ラズベリー」「ババロア」「桃」とかあります。
どれもセンスいい

で、リコリス。
肝心な曲の方ですが、これがまたいいんだなあ。

シングル「正夢」のカップリング曲ですが、私はこっちの方が好きです。
出だしのギターの感じがスピッツですねえ。

カバー曲も、どれも甲乙つけがたくいいですが、花*花の「さよなら大好きな人」があまりにもハマってます。
チャットモンチーのシャングリラも入れてほしかった!!

あ~、ライブ行きたくなってきた